ItamaeつかってOSのインストールをやってみた

9月はRubyKiagiにいってたりしました。 そのときにmikutterのコミッターとかになったようです。

シルバーウィークにThinkPadのOS再インストールをしたのでその記録を

なにやったの?

@mtsmfm と以前話していたとき、“ansibleつかってOSインストールしてるんだけど、完全自動化できないんですよね~” みたいな事を聞いたのでItamae をつかってやってみました。 結論から言うと完全自動化は無理だけど、ある程度は自動化できた。

環境

インストール

インストールディスクを起動するところはipmiとか搭載していない(しらべていない)しIronicはつかいたくないので手動で起動し、 sshdの起動とrootのパスワードを設定します。起動したら以下の手順でパーティション作成からカーネルのインストールまでします。

1
2
3
4
5
6
git clone https://github.com/katsyoshi/itamae-recipes.git
cd itamae-recipes
bundle install
wget http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/gentoo/releases/amd64/autobuilds/current-stage3-amd64/stage3-amd64-20161006.tar.bz2
cp stage3-amd64-20161006.tar.bz2 cookbook/install/stage3.tar.bz2
itamae ssh -h nu-machine cookbook/install/gentoo.rb -u root -j cookbook/install/gentoo.json

でOSのインストールまでできるのですが、gentooのインストールメディアだと、diffがインストールされていないのでitamaeからfileのコピーができません。 都度コピーしてください(というよりgentooインストーラーにdiffを入れたほうが早そう)

パッケージのインストール

ここまで終ったら、パッケージのインストールします。これも以下コマンドを実行することで終ります。

1
itamae ssh -h nu-machine cookbook/gentoo/emerge.rb -j cookbook/gentoo/package.json

owari

ItamaeつかってOSのインストールを実行してみました。diffが失いところがとくにつらいですね。 おわり