API キーが凍結されてら

mikutter の Twitter API キーが凍結された ようです。

回避方法

とりあず、twitter の 開発者ページ から API キーを生成してください。 あとは以下の様に編集してください

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
diff --git a/Gemfile b/Gemfile
index 0a88a191..cb48cd4f 100644
--- a/Gemfile
+++ b/Gemfile
@@ -21,6 +21,7 @@ group :default do
   gem 'pluggaloid', '>= 1.1.1', '< 2.0'
   gem 'delayer-deferred', '>= 2.0', '< 3.0'
   gem 'twitter-text', '>= 2.1.0'
+  gem 'dotenv'
 end

 group :test do
diff --git a/core/config.rb b/core/config.rb
index 6e3d95ba..455e3083 100644
--- a/core/config.rb
+++ b/core/config.rb
@@ -14,8 +14,8 @@ module CHIConfig
   ACRO = "mikutter"

   # 下の2行は馬鹿にしか見えない
-  TWITTER_CONSUMER_KEY = "AmDS1hCCXWstbss5624kVw"
-  TWITTER_CONSUMER_SECRET = "KOPOooopg9Scu7gJUBHBWjwkXz9xgPJxnhnhO55VQ"
+  TWITTER_CONSUMER_KEY = ENV["TWITTER_CONSUMER_KEY"]
+  TWITTER_CONSUMER_SECRET = ENV["TWITTER_SECRET_KEY"]
   TWITTER_AUTHENTICATE_REVISION = 1

   # pidファイル
diff --git a/mikutter.rb b/mikutter.rb
index da302ca1..94025817 100755
--- a/mikutter.rb
+++ b/mikutter.rb
@@ -32,6 +32,8 @@ require 'benchmark'
 require 'webrick'
 require 'thread'
 require 'fileutils'
+require 'dotenv'
+Dotenv.load(".env")

 require_relative 'core/utils'

あとは環境変数TWITTER_CONSUMER_KEYTWITTER_SECRET_KEY を設定してあげると起動できるようになります

dotenv

環境変数を指定して毎回起動したくない、とか .bashrc に書きたくない、とかある場合は dotenv.gem を使うことで良いかんじに読みとってくれるようになります。 つかいかたは Dotenv.load(file_name)file_name にあるファイルのなかに環境変数を書けばよいです。

おわり

おわり。 別に dotenv.gem いらんなこれ