SATySFi使って本書いてみてる

技術書典5出しますので、それを書くために OCaml で作成された SATySFi を使いはじめました。

インストール

今回は OPAM を利用してインストールをしています。まあ単純にパッケージが今普段使いしてるOSにないだけなんですけどね。 インストール手順は 公式のREADME.md を参考にしています。

OPAM

OCaml Package Manager の略らしいです。 こいつは OCaml のインストールもしてくれるのでこれを利用します。 OPAM のインストールは簡単で以下のスクリプトを実行するだけです。

1
wget https://raw.github.com/ocaml/opam/master/shell/opam_installer.sh -O - | sh -s /usr/local/bin

OCaml

OPAM のインストールが終ったら、 OCaml をインストールします。

1
2
opam switch 4.06.0
eval `opam config env`

SATySFi

OPAM の準備が整ったら SATySFi の準備、インストールをします。

1
2
3
4
5
6
7
opam repository satysfi-external https://github.com/gfngfn/satysfi-external-repo.git
opam update
git clone https://github.com/gfngfn/SATySFi.git
cd SATiSFi

opam pin add satysfi .
opam install satysfi

compile!!!!

これでインストールされたのでとりあえずリポジトリにある demo/demo.saty をコンパイルしてみましょう。

1
2
cd demo
make

なにも準備していないといきなりエラーがでますのでそれを公式を参考にして解消します。 解消できたら demo.pdf ができますのでこれでつかえるようになります。

おわり

ちょっと簡単でしたが、 satysfi の導入日記でした。

そんなことより技術書典5に出します。ネタは酒に関するネタでやっていく予定です。 仕上がっていれば え37 に居るとおもわれます。